初めまして、たまこです。

初めまして、たまこと申します。
この度はブログにご訪問頂きありがとうございます。

私は現在、化学メーカーの研究所で働いています。
プライベートでは、優しく、愛情深い最愛の夫と、毎日笑い、というより爆笑が絶えない日々を送っています。

5年が経つのに出会った当初から全く愛情は変わらず、むしろ年々深くなっています。

安定したちょっと賢そうに見える職業、
楽しい結婚生活、

一見すると、順風満帆な人生にみえるかもしれませんが、日々が落ち着いたのはごく最近のこと。

新入社員で配属された営業部は、パワハラ、セクハラ、長時間労働・・・という劣悪な労働環境。エリート思考な良い子ちゃんだった私は必死に働き、、
2年目の夏にドクターストップ。

診断名は「適応障害(抑うつ傾向)」

その後、復職までに1年3か月かかる傷を負ったのでした。
休職中は、まさにどん底で、この人生を生きるのが辛い、死にたい、と何度も思っていました。

そんな状態でしたが、
カウンセラーさんを始め、支えて下さった方々の言葉、
本から学んだこと、リワーク(復職支援施設)で学んだこと、、、
 
様々な新たな学びが私を変えてくれました。
人生を救うのは学びですね。そして、すんなり復職して早くも3年が経ちます。

もともと休職前から、
自分に自信がなく、落ち込みやすく、自己嫌悪が激しくすぐに自分をイジメる、、、
一言で言うと
「生きるのが辛い」性格。

(それでも、持ち前の我慢強さで頑張れちゃってました。)
 
そんな私が、休職を通して、
今まで順調に生きていたときは知らなかったことを学び、
 
生きるのがかなり楽になったことを感じています。
心の防御力がぐーーーん!とあがりました。

学校では習わないけれど、絶対に知っておいた方が良いことがたくさんありました。
もっと早く知りたかったーってことばかり。
(あ、でも自分が好きで、自信があって、そんなに落ち込むようなこともなーい!って方はもともと身についてることかも。)

残念ながら日本は、会社によって人生を振り回される人がとても多い国。
新入社員の過労自殺という痛ましい事件も連続していましたね・・。。

自殺まではいかなくても、会社で辛い思いをしている方も本当に多い。
むしろ、元気に楽しく働けてる人の方が少ないのでは・・?

そんな方々にとって、

少しでも気持ちが緩んで、らく~に生きるヒントが得られること、
会社や周りに人生振り回されないように
「自分で自分を満たして、守れるようになる」ブログにしたい、

という想いで日々書いていきます。

 

それと!

今でこそ幸せな結婚生活ですが、
両親が不仲で別居していた家庭で育ったので、「結婚=恐怖」でなかなか結婚は決意できませんでした。

怖くて怖くて、マリッジブルーで何回泣いたかわかりません。
入籍日も2回延期して、3度目の正直でようやっと。

そんな紆余曲折を自力で超えてきたことも書いていきますので、
結婚はしたい、願望はあるけれど怖い、どうせ無理じゃないか、と思っている方に読んで頂けたら嬉しいです!


それでは、もう少し詳しく、たまこの過去のストーリーをご紹介します。

たまこの生い立ち

1988年、3姉妹の真ん中、中間管理職として生まれる

強烈な姉と妹に挟まれ「我慢強くて良い子ね」と言われながら育つ。
姉妹の中では真面目に勉強ができ、「真面目な良い子」路線を突き進む。
手がかからなかったので放置され気味。愛情不足なのはこのあたりが原因だと思われる。
 

突然の家庭崩壊⇒ひきこもり浪人

中高は6年間女子校に。妄想力の逞しさを磨く。
国語の課題で全員貼り出されるのに『石油王 早く私に 逢いに来て』と書いた黒歴史。

そんな平凡な生活を送っていたところ・・
高3、受験生の時に突如母が別居したいと言い始める。
今まで仲良し家族だと思っていたのが幻想であり、現実を思い知る。夜中の家族会議は忘れられない。

現役合格なんてどうせ無理だ、と自暴自棄になり浪人。
浪人中はぐだぐだな引きこもり。最後の数か月頑張って、なんとか合格。

愛されるって最高!恋愛依存体質になる

「水が合う」という言葉を実感。最高の友人達と出会う。(だから浪人して良かった!)
 
初めてちゃんと付き合った彼氏はイギリス育ち、中身は完全に外人な日本人。
凄まじい愛情表現で、もともと愛情に飢えていた私は「愛されるって最高!」と恋愛依存体質に。そして、この外人の愛情表現が私のスタンダードになる。

安定しすぎてこのまま結婚しそう、、と思いお別れ。
 
筋肉フェチで、ボディービルダー並みの年下マッチョイケメンに一目ぼれ。
期待を持たされた挙句、フラれる。人生最大の失恋。言葉通り、泣き暮らす。
 
就活をする気もなくし、モラトリアム延長のために大学院進学を決意。
志望校を1つにしぼるという暴挙により崖っぷちに。
当時の勉強ノートに死にたいと走り書きがあって後で笑ったw
無事合格。

合コンにいそしみ、恋愛話ばかりしていた大学院時代(研究は、ごめんなさい)。

合コンで出会った社会人、ダメンズ①と付き合うものの、、散々振り回される。
友人に紹介された男性(後にダメンズ②となる)と初めてご飯に行ったら、ダメンズ①とバッタリ遭遇というミラクルを起こす。
その後なんやかんやあり、お別れし、ダメンズ②と付き合う。
(最初は良い人だった・・・)
 
実験室泊まり生活を経験し、
「もう実験はいいや、人と話す仕事がしたい!」と研究室で唯一営業職で就活。
業界内1、2、4位の3社から内定をもらって、業界1位のメーカーに営業として入社。
(ここまでは良かった。)

ピカピカ新入社員が踏み込んだのは「修羅の世界」

期待に胸膨らませていたピカピカ新入社員だった私を待ち受けていたのは、
魑魅魍魎、死屍累々って言葉が似合いすぎる『修羅の世界』
(研究所の人は実際に本社のことをこう呼ぶ)

会社内でも悪名高い部署に配属されてしまい、
パワハラ、セクハラ、アルハラ、モラハラ、暴力・・・・なんでもあり。
当時の若手は、私も含め殆ど異動か、退職済み。

超パワハラなオラオラな先輩に、四六時中罵倒され続ける。
「本当お前ダメなやつだな」「頭おかしいんじゃねーの」「仕事できねーな、ふざけんな」
・・・など等毎日言われ続け、本当に頭がおかしくなる。

癒しを恋愛に求めるが、会社の先輩、ダメンズ③により再び振り回された挙げ句、振られる。なりふり構わず、婚活パーティー、合コン、紹介、、、あらゆる方法で男性との出会いを求めた結果、超愛情深い彼氏(今の夫)と出会い、お付き合いスタート。

その3か月後、入社2年目の夏に体調を崩してドクターストップ。

診断書には、『適応障害(抑うつ傾向)』。

1年3ヶ月の山あり谷あり休職生活

強制的に、実家で自宅療養スタート!
抗うつ剤は体に合わず、服薬せず。

週1回の心療内科通いだけじゃ何も変わらないと思い、近所の病院のカウンセラーさんのところに週1回通い始める。毎週ボロ泣きしながらお話をして、たくさんのことを教えて頂く。

実家にいることで様々なトラブルも、、。
母娘関係が悪かったこと、母の父への愚痴を聞かされ続ける等、母の影響により3回ほど、かなりの病状悪化。
(本気で死にたいと1番強く思ったのはこのときw)

リワークって何ですか・・3か月休職延長⁉

半年後、研究所に異動が決まり、引越しで人生初一人暮らし!最高!
順調に回復し、病状も安定♡休職1年後、やっと復職許可が主治医から下りて意気揚々♡

しかし・・・会社から「リワーク施設に通って」と衝撃のお達し。
(リワーク:復職支援施設のこと)
いつになったら働けるんだ・・・と絶望の日々再び。嫌々ながら、3か月間リワークに通う。

結果、、認知行動療法を学んだり、新たな学びにより、、大きな変化が!!
行かなければ、すんなり復職も厳しかったかも。
本当に行ってよかった!!

復職先は、平和な研究所

いよいよ会社からも復職許可がおり2015年11月、現在の職場(研究所)に復帰。

本当に、ここは同じ会社ですか・・・??という衝撃の平和な部署。
怒鳴る人もいないし、セクハラや暴力なんてありえない。

期待してくれる上司、穏やかで優しい先輩達、とっても温かく迎え入れて頂けて本当に心から感謝。おかげで、すんなり復職!

プロポーズの涙の理由は・・

そして、生活が落ち着いた頃。
2016年3月、旅先でプロポーズされる。
休職中もずっと献身的に支えてくれた彼、一緒に苦難も超えてきたし、彼の愛情は疑う余地もなかったけれど、、

結婚、怖い、、、!そんなこと決められない!!と大号泣で返事を延期。
旅行から帰ってきた直後インフルエンザ。
自宅療養しながら、延々結婚について考え続けた結果、

この人となら結婚しても大丈夫だ!と決心し、プロポーズを受ける。
(電話で伝えた時の夫が息を呑んで喜んでたのが忘れられない)

マリッジブルーは本当にブルーだった

両家挨拶、結婚式の準備、、など様々なイベントを乗り越え、
順調に入籍、、かと思いきや。

入籍が近づくと共に、増していく恐怖・・!

母から「もうあなたは嫁ぎ先の娘だから」的なことを言われたり、
今までの私がなくなるような、アイデンティティークライシス。
私だけ苗字が変わることに違和感を感じ始めたり。

マリッジブルーがあまりにひどく体調が優れなくなる。
入籍、怖い。。もう逃げられない。という切迫感と戦い続ける。

入籍日は3度目の正直で

出来る限り上手くいく日取りを選ぼうと
細木数子の六星占術を読みふけったり、
「大安」・「一粒万倍日」・「天赦日」とか吉日を調べまくって無駄に詳しくなったり。

そうして決めた最高の日取り。
それでもやっぱり怖くて駅のスタバで泣き、宥められて市役所に向かったものの、入り口前で大泣きして入籍は中断。
こんな調子で2回目のトライの時も体調を崩し、延期。

その後なんやかんやあり、夫から手紙をもらって、やっぱりこの人と結婚しても大丈夫そうだと安心し、ようやっと3回目にして入籍。

入籍してみての感想は、「特に何も変わらないって本当だった!」ということ。

で・・実際の結婚生活は・・?

その後、沖縄で結婚式、引っ越し、披露パーティー、、、
と様々なイベントを超え、2人で平和で楽しい新婚生活満喫中。
どこに行っても「仲の良い夫婦ですねー」と言われる。親族いわく、ラブラブ空気が垂れ流しらしい。

結婚生活に関しては、何をそんなに恐怖していたのか、と不思議になるほど順調です。
意外と、結婚生活楽しいです。ラクチンだしw
デート終わりにバイバイしなくていいのも嬉しい。一緒にお昼寝してる時間が一番幸せ。

意外と、結婚っていいものかもしれない!

妊活か、転職か?

そんな私達夫婦の一番HOTな話題は、妊活!
現在は色々トライしていますが、実は今後の私の働き方についても模索中。

将来的にもずっと研究職として生きていきたいとは思っておらず、子供を産む前に転職するか、育休をとるまで続けるべきか、、色々なチョイスを考えているところです。

そんな悩める30歳のリアルな苦悩や、日々の学びなど、色々なことも書いていきます。
ブログを読んで下さった方と交流もできたらとっっても嬉しいので、是非ご質問、ご感想などお送りいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願い致します!

たまこ