休職・適応障害

休職中に読んだおすすめ本①:失敗してよかった!

こんにちは、たまこです。

昨日、休職というどん底の中で
私を救ってくれたのは「新たな学び」でした、と書きましたが、
▶▶適応障害で休職した、最大の原因 

実際に休職中に読んで、大きな学びとなったおススメの本をご紹介します。
では、第一弾!

和田裕美さん著
『失敗してよかった!自分を肯定する7つの思考パターン』

失敗してよかった、という魔法の言葉

この本、本当に超絶おススメ本です!!!
休職中出会った本で、一番想い出深い本です!

どん底にいる時や、
自分の失敗が許せない、後悔ばかり、
お先真っ暗・・!!って状態の方に、是非読んで頂きたい本です♪
この本の言葉でかなり救われました。

初めて読んだ時のことを鮮明に覚えています。
近所の図書館のちょっと薄暗い自習室にて。
涙がボロボロと止まらず、ボロ泣きしながら読んだのでした。

この本では繰り返し
「陽転思考」という思考法が説明されています。

陽転思考とは、
どんなに真っ暗などん底にいても、目の前にある事実をしっかりと受け止め、そこから「良かった!」を探して、光を見つけること。

まさに、休職中で自分の失敗を悔いてばかり、現実から逃げ出していた私に必要なものでした。

その当時、3色ボールペンを使う読書法を取り入れてばんばん線を引いていたので、
特にマーカーが重ねられてた箇所(最重要ポイント)の言葉を紹介します。

実は紹介しきれない位、マーカーの箇所がたっくさんあります!!

あのとき失敗してよかったのです。つらくてよかったのです
そのおかげであなたは「新たなスタート」を切ることができたのですから。”

”失敗は財産になります。心を鍛える材料になります” (p44-45)

”陽転思考においては、
失敗は「経験」であり、「学び」であり「知識」です。
ひいては、その人の「人としての分厚さ」「強さ」になります。

全てが「財産」です。” (p91)

どうですか・・
失敗してよかったんです、って衝撃の言葉ですよ・・。。
失敗って悪いもの、やっちゃったーーーってものですよね。

とんでもない失敗したけれど、
それもよかったの?
無駄じゃないの?財産になるの??
まだ助かるの??
って、お先真っ暗などん底休職生活の私に、光を見せて下さいました。

止まらなかった涙の理由は、
「私はこれでよかったんだ」って自分が許されたことに心底安心したから。

休職してしまった自分を
責めて後悔ばかりでしたから。

この本では、何回も失敗が財産になるってことを言って下さるので、とても励まされます。

そして、大事なポイント!

”理由を見つけたから「よかった」と言うのではなく、
先に「よかった」と言い、その後に理由を探すのです。
” (p.33)

ポイントは、嘘でも良いからまず「よかった!」って言って脳みそをだますことです。
人間の脳みそは、アンテナを立てればその情報を拾ってきてくれます。
私も何かやらかしたとき、言うように気を付けていますw

 

文庫本サイズですし、さくさくーーっと読める文章です。
そのおかげで私は何回も読んでいます。

この陽転思考、人生生きやすくなることを実感しています。
自分イジメという、一番エネルギーを消耗してダメージを負う時間が減りますから!

自分の失敗が許せない、
自責が強いようなタイプの方にもとってもいい勉強になりますので、是非!

それでは、このへんで。
(まだおススメ本シリーズは続きます!)
最後までお読み頂きありがとうございました。

たまこ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です