休職・適応障害

『セルフケア』というストレス社会の必須スキル

こんにちは、たまこです。

誰だって、ちょっとお疲れな日ありますよねー
私もちょっとハードな日が続き、へとへとだるだる真っ最中。
HPは赤く点滅中!

そんな自分が疲れてぐったりなとき、
しんどいとき、
自分になんて声掛けしてますか・・・?

労わりモード搭載してますか?

私の場合、ぐったりな日は、
あー今日も仕事して偉かったわー
出社しただけで私偉いわーー
と自画自賛して労わりモードが発動します!

実は、この労りモードができたのは休職して初めてでした。
休職するまで皆無!!

そもそも、
自分を労わるという発想が根本からなかったです。
(普通はあるものなの・・?
知らなかったんですが!!)

一方、
私は他人が弱っていたりすると、
なんとかしたい!とか思ってしまう性質で、

めちゃくちゃ励ましたり、
元気付けたり、褒めたりします。
労わるべきは、他人。
自分は、厳しく律していかなければ!!くらいな感じ。

『他人に優しく、自分に厳しく』!!

自己嫌悪に陥っていたり、
自己批判ばかりしていると夫によく言われるのが
『世界で1番厳しいのは自分自身だね』って
本当に全く、、その通り。

自分の心と体を無茶にイジメた結果が、
適応障害で休職です・・。。

自分で自分を労わる!?

自分を労わるということ、
これも、休職中にカウンセリングで初めて学んだことでした。

疲れたね、頑張ったねって自分で声かけて。
小さなことでも、できたことを褒めて!
自分に◎(丸)をつけよう!

自分も労わる対象なの!?
自分で自分にマルつけていいの!?
だって、マルって
ものすごく頑張らないともらえないものでしょう!?

と目からうろこの連続でした。

休職中、何度も何度も
『~できないから、私はダメだ!!』
って自責に走ることがありました。

そして、凹むたびに先生に
『◎つけよう!!』
って軌道修正して頂いて。
何度も言って頂いたおかげで、
忘れられない言葉として胸に刻み込まれました。

こうして、新しいスキル『セルフケア』を手に入れたわけです!
ちゃっちゃらー♪
年々使えば使う程にケアレベルも上がってる気がする!
(技レベルみたいな・・・笑)

他人の許可は不要です

自分を褒めること、労る習慣がなかったのは、
他人軸で生きていたからですね。
自分の価値は、他人の評価で決まるって考え

こんな程度で疲れたなんていったら、甘えかな。
この程度なんてみんな出来てるし、出来て当たり前だから。
とか、、、
他人の存在を考えてしまってるってこと。

でもそもそも!

自分を褒めたり、労ったりするのに人からの許可なんていらないし、
自分の判断で勝手に労りまくっていいんです。

自分の心と体の辛さをわかるのは自分だけだから!
甘やかしなんじゃないか、なんて思う必要なかったな、と感じています。
(自責強い人は甘やかす位でちょうどいい塩梅)

セルフケアはストレス社会の必須スキル!

ストレス社会の現代をサバイバルするためには、
もはやセルフケアって必須スキルではないですか!?

誰かにケアしてもらう、ではなくて、
自分で自分の味方になって、
ケアしていかないと、追いつかない!

死ぬ瞬間まで一緒にいるのは、自分だけ。
何があっても離れないのも、自分だけ!

そんな大事な自分を、
責めたてたり、嫌ったりって、辛いです。

まずは、今の自分が
疲れているのか、しんどいのか、
など身体と心の訴えを気付こうとしてみて下さいね。
(普段、元気なときは意識向けることすらないですけど!)

そして、疲れた自分に対して、
今日も仕事お疲れ様、
偉かったわーー
と大げさに手放しに褒めて、◎をつけてみて下さい^^

私の体感ですが、
自分に向かって声をかけると、
じんわりと温かく、ほっこりして、
エネルギーも少し戻ってくる気がしています。
『自分に意識が戻る』って感じ。

是非是非、自分と向き合う時間、
大切にして頂ければと思います。

それでは、このへんで。

最後までお読み頂きありがとうございました!

たまこ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です