休職・適応障害

適応障害で休職して、やって良かった&ダメだった過ごし方

こんにちは、たまこです。

突然の休職、
いきなり時間ができてしまった・・!

休養しろっていわれても、
寝る以外に何をすればいいの・・?

って戸惑われる方も多いのでは。
私も「休職 過ごし方」でググった記憶があります。

1年3ヶ月休職した私が、
休職中に行なってみて良かったこと、ダメだったこと、ご紹介します。

適応障害で休職中、やって良かったこと

とにかく、のんびり過ごす。

回復状況によって、活動できることが変わっていきますが、
休職して一番最初にやるべきことは、

身体の疲労状態を回復させることです。
とにかく、寝る!
ゴロゴロする!!!

さぼってるわけでも、怠けてるわけでもなく、これが仕事!ってレベルで
身体のエネルギーチャージ!

私も休職初月、ひたすら家の中にいた記憶があります。
たまに母とランチにいく程度。
でも、少し出かけただけで疲れていました。

漫画ばかり読んでました。
今は漫画アプリがたくさんあって有り難いですよねー
COMICO等、数々の漫画アプリにお世話になりました。

図書館に行く・読書

ひたすら家でゴロゴロした後、
少し状態が良くなってきてから、
毎日図書館に出かけるよう主治医から指示がありました。

最初は集中力も続かないから、
パラパラっと読めるイラストの多い本がいい、
何も読めなくても、とりあえず外の環境で過ごすように、と言われました。

いやいや、本ぐらい読めるし!
ってタカをくくってましたが、
これがびっくりなことに、本当に読めなくて!!
集中力が全く続かなくなっていたことに焦りました・・・

なので、最初は
ライフスタイル系の本を中心に読む、というより眺めていました。
それでもすぐに疲れてましたが・・
(料理、掃除、片付け、ライフスタイル等)

その後、更に状態が安定してからは
文字がびっしりの本も読めるようになりました。

ジムに通う

これは、良かったことでもあり、
悪かったことでもあるのですが・・。

散歩など、運動も取り入れた方が良いと言われ、
ちょうど近所にジムができたので通うことに。
爽やかな汗をかくのは、爽快でした!

そして、特に運動が苦手な私にとっては
運動継続出来ているというのが
「自分凄いじゃん!」という自己肯定感アップに。

ここまでは良かった!

ここで要注意!
最初からフルスロットルで行かないこと!

毎日行ったり、つい頑張りすぎてしまうと、
すぐに燃え尽きます!

体の疲労でだるくなり、精神的にも調子を崩したり。
「やっぱりできないんだ」と無駄に自分を責めることにもなります。

私は最初の一週間は毎日通ってましたが、
調子を崩したことをきっかけに
いかなくなり、そのまま退会しました。。

最初頑張りたくなる気持ちはわかりますが、
スタート時は、ちょっと物足りないかな、位が長続きの秘訣です。
別のジムに通い始めた時は、スローペースで長続きしました。

お家でリラックスタイム!(ヨガ、ストレッチ、半身浴、アロマ)

お家で簡単に体と心を緩められるもの取り入れると良いです。

今はYoutubeでヨガ動画もたくさんありますし、
初心者向けの簡単なモノからやってみることをお勧めします。
くれぐれも、難しいモノは選ばないよう・・!
気持ちいいー♪ってなる程度のもので。

私が最近お世話になっているのは、
YoutubeチャンネルのB-Lifeさん!
初心者向け、腰痛・肩こりなど症状改善、
自律神経を整える系、ダイエット・・・
など本当にたくさんの動画をアップして下さっています。

▶▶Youtubeチャンネル『B-life』

リラックスといえば、アロマテラピーも有名どころ。
アロマって難しそうって思っていましたが、
ただ単に好きな香りのオイルを1本買ってきて、
お風呂に入れる、でもOKなんです!
私は無印の香炉を買って、部屋で炊いてました。
簡単にリフレッシュできます^^

作業系の趣味:編み物など

色々な「熱中して作業する」系のものに手を出しました。

・編み物
・カリグラフィー
・大人のぬりえ
・パズル 等

特にはまったのは、編み物。
編みぐるみという、ぬいぐるみ作りに没頭しました。
また、彼(今の夫)のクリスマスプレゼントに
手編みのマフラーという昭和なこともしたりw

こういう作業系の趣味は、
ネガティブなことを考える隙がなく、
無心になれるのがとてもよかったです。

そして、「作った成果」が目に見えるのも嬉しいポイント!
マフラーは頑張った分だけ長くなっていきますからw

片付け、断捨離

図書館でライフスタイル系の本を読み漁ってるときに
やましたひでこさんの「断捨離」の本に出会いました。
同時に近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」の本も読み、
片付け熱が最高潮!

モヤモヤ重い感じをどうにかしたい、
もっとクリアな自分になりたい!という想いで始めることに。

家の不要なものをかーなーり捨てました。
粗大ごみの回収も手配したり。

捨てるごとに、
古い不要なものが私の中からなくなって、
自分が軽くなっていくような感覚になっていました。
(捨てることに執心して、
必要以上に捨てないよう、ご注意ください)

掃除

これは、かなり良かった!

一回母娘トラブルにより、
ものすっごく状態が悪化しました。
本気で死にたい・・って思い詰めるレベル。

その時に救ってくれたのは掃除でした。

ちょうど絶望している最中に、
友人が近くまで来ていて急遽遊びに来たい、という連絡が!
(今思うとすごいタイミング・・!)

猛ピッチで掃除に取り掛かり、
一心不乱に隅々まできれいに!水ぶきまでする徹底ぶり。

掃除後はめちゃくちゃ疲れていましたが、
死にたいっていうネガティブな気持ちは
いつの間にかどこかに行って、
心地良い疲労感と達成感でいっぱいになりました。

落ち込んだ時は無心で鍋を磨くと良い、
とは聞いたことがありましたが、本当ですよ。
掃除の力って本当にすごいです!

休職中、やらない方がいいこと

では、逆にやって良くなかったこと。

英語や資格の勉強

休職期間というロスタイムを、
なんとか有意義なものにしなければ!!
って思いますよね・・。。

私も休職期間を利用して
英語の勉強しよう!!!と思い立ち、
教材を色々買って勉強スタート。

結局・・全然集中力も続かないし、
日に日にやる気はなくなっていき、
結局続けられなくなり・・。

そして、
「あぁ・・やっぱり私は何もできない」
って自責に走る結果になりました。

(もともと英語の勉強が好きな人ならやって良いと思いますよ!)

あとは、
ペン習字やってみたり・・
化学の勉強してみたり・・。。
どれも苦痛なだけで続きませんでした。

自分のコンプレックスを解消しよう、
がモチベーションだと続きませんね。。

会社の人と飲みに行く

有り難いことに休職中も会社の人からお誘いを頂き、
たまに飲みに行っていました。

確かに楽しい時間を過ごせて、
気分転換として良かった面もありますが、

毎回会う直前まで
「何話そう・・何言われるかな・・」って緊張したり、
やっぱり精神的ストレスは大きかったです。
実際に、飲み会後に体調を崩すこともありました。

ほとんど全てのお誘いに乗っていましたが、
断る勇気も必要でしたね。

誘ってくださる方も、
こちらを心配して声をかけて下さってるわけなので、
体調を理由に断ったとして、問題が起こるなんてわけないし。

「好かれたい」「どう思われるか」よりも、
一番優先すべきは自分の体調だった、という反省です。

転職活動

私はやらなかった、というかそんな気力ありませんでしたが
結構やられる方多いみたいですね。

環境を変えて快方に向かう方と、
さらにストレスになり悪化する方と別れる印象です。

個人的には、
ただでさえエネルギーを使う
「環境を変える」ってことを
療養中にするのは負荷が高くなりすぎるので、
時期はよーく見定めた方が良いと感じています。

まとめ

休職期間、一番やっちゃいけないのは、
自分を責めるきっかけを与えること、だと感じています。

自分をイジメ過ぎた結果の休職なので、
療養期間は、ひたすら自分に甘く、
自分が無理なくできることだけやるのが大切です。
一見無駄で非生産的に見える「ゴロゴロする」って時間も
療養中には大きな意味があります!

せっかく回復させる時期なのに、
頑張ったり無理したらまた辛くなるだけですから。

そして、自分に合う過ごし方も人それぞれなので、
色々とやってみて、心地いいものを取り入れればOKです!
「良いと言われているからやらなきゃ」はナシです!

目の前のやれることだけやっていく!の積み重ねで、
確実に出来ることが増えていくので
焦らなくても大丈夫です^^

それでは、休職中の方の参考になれば幸いです!
最後までお読み頂きありがとうございました!

たまこ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です