休職・適応障害

無理の境界線、把握できてますか?

こんにちは、たまこです!

頑張ってる人を目の前にして、
「頑張りすぎないでね」
「無理しないでね」って普通に声かけますよね。

でも、どこまでが本当に可能なキャパなのか、難しいなぁと感じています。
自分の「無理」の境界線、把握できてますか?

無理しないでにイラついた新入社員時代

その昔、この言葉に
イラついていたことを思い出しました。

新入社員なのに夜遅くまでいつも残っていたので他の部のオジサマ達に、
『無理しちゃだめだよ』ってよく言われていました。
気をかけてくれる方がいらっしゃるのは本当にうれしかったです。
でも、それと同時に・・・・・

はぁ!?無理しなきゃ
仕事終わらないんですけど!?!?
ってこっそりイラつきも・・。
(可愛くなくて、すみません。)
これ、思ったことありませんか?

今思うと本当に
無駄に無理しなきゃよかった・・・と
後悔ばかりなんですが、

自分に無理の限界が来るなんて、
完全に想定外。
まだまだいけるって思ってた・・

他人事だと思っていた、
『心の病』がすぐそこにあるなんて思いもしませんでした。
若かったし。

病気になった方が
『まさか私が・・・』って言われますよね。
あれをまさに言うことになりました。

完全に自分のキャパを把握できていなかった例ですね。
無理の境界線はとっくに超えていたようです、、

無理しないで、の境界線

『無理』の境界線が難しい・・。

ちょっと頑張ればできてしまう。
しんどくても、えいやって。
結局乗り越えられてしまう。

で、また普通の日々がくれば
また無かったかのように普通に過ごせる。

我慢スキルが高い人は、
騙し騙しでなんとかやれちゃう。

そして、
自分が無理してることに気付かず、
知らず知らずに消耗してるパターン!

復職支援施設でご一緒していた方々、
総じて「我慢強い」方々ばかり。

で、
『無理している自覚はなかった、
まだ行けると思っていた』
っていうのもあるある。

だいたい体のサインが出始めてても、
『まだいける。ちょっと調子悪い』
くらいにしか気に留めず、、

本格的にまずくなってから病院へ行って
休職、、ってコースの方が多いのも事実。

必死な時って、アドレナリンで
体と心の声も掻き消されちゃってる感じがします。
忙しい日々の中だとなかなか冷静に自分を省みれないので、
せめて休日くらいはフリーな余白を・・!

境界線の見極め方

本当に無理なのか??
どこが自分の無理なレベルなのか?
ただの逃げなんじゃないか??

って、これを見極めるのは、
精神論ではなく体が1番だと思います。
(体に出てきてる段階はかなり危険ですが)

涙がポロポロ出てきたり。
吐き気が止まらなかったり。
頭痛や発熱、
などなど。

私もそうでしたが朝起きられなくなってくる、っていうのも兆候らしいですよ!

やばい、ってときは
休んだ方がいい、というか
休む時間を取るべきです。

休めばいいし、
飲み会も断ればいい。

社会人として、急に休むなんて!
周りに迷惑かけてしまう!!
申し訳ない!!!
って昔は思ってましたが、

会社の人たち、仕事よりも
自分が辛いのが問題です。

自分にかわいそうなことしてまで、
周りのご機嫌取りしても、
自分の首を絞めるだけ。

無理してその後働けなくなるよりは
ペース調整した方が後々良いですし。

特に飲み会なんて、
仕事の延長であったとしても、
必須なものではないですから。

で、体調優先して欠席することに対して
とやかく言う人の方がおかしい。

休む勇気、断る勇気

自分の体を守るためとはいえ、
休むことも勇気いりますよね。

でもそこは自分が頑張るしかない。
大人になるとお母さんは休みの連絡してくれないですからねw

私も朝休みの連絡入れるとき、
飲み会欠席するとき、毎回どきどきしております。

でも、
自分を休ませる時間を確保すること、
それも自分しかできないこと。

ドクターストップなんて、
だいぶ手遅れになってからです。

周りが優しくないなら、
なおさら自分だけでも超優しく。

みんなと一緒になって厳しくしたら、
自分を守ってくれる人
いなくなっちゃいますから!

休養時間、自分で自分のために
作ってあげられますように!
我が身可愛く!(最近この言葉が好きです)

では、このへんで!

最後までお読み頂きありがとうございました!

たまこ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です