休職・適応障害

パワハラ経験者から見たオリエンタルランドパワハラ問題

こんにちは、たまこです。

オリエンタルランド(ディズニー)に対する
「過重労働」と「パワハラ」訴訟が話題になっていますね。。。

夢の国を支える過酷なバックステージ

訴訟した契約社員2名が語った実態は
「夢の国」には似つかわしくないものばかりで
ショックだった人も多いのでは。
私も夢の国大好きな身として悲しく。。

  • 10-30㎏の着ぐるみを着て踊り
    神経圧迫されて「胸郭出口症候群」
  • 労災認定もなかなかしてもらえない
  • 客に薬指骨折させられても「心が弱い」
  • 複数の上司から5年以上続くパワハラ
  • 上司からの暴言の数々
    「病気なのか、それなら死んでしまえ」や
    「30歳以上のババアはいらねえんだよ、辞めちまえ」

・・などなど。
ひぇぇーー!ってぞっとする話ばかり。

全ては「ゲストの夢を壊さないため」、
自分さえ我慢し続ければいい、
と隠し続けてきたそうです。

さすが「夢の国」のプロ意識、、、?

こうやって我慢し続ける人が犠牲になり、
文字通り「使い捨て」されて
ずっと劣悪な環境が続いていたことが伺えます。

強いブランドを持った会社だからこそ、
次々変わりが見つかっていくのが恐ろしいところ。

「安心して働ける環境に改善して欲しいから裁判に踏み切った」
とのことで、
誰もが踏み入れられなかった行動、
大変な決断されたんだなぁ、、と応援したくなったのですが、

びっくりなことに、
世の中には、オリエンタルランド側ではなく
「訴訟した側」を批判する声もあるみたいですね。

「夢の国のイメージ壊すな」
「裏側がキツイのなんて常識」
「わかっててやってんだろ」
とか。

え・・・正気?
ってびっくり。

あーこういうこと言う人が
自分がパワハラしてる自覚なく
「この程度で病むなんて弱っちいやつが悪い」
とか言うんだろうなーって思いました。
(自分が一回再起不能になってみればいいと思う)

私も最初内容をちゃんと知るまでは、
内密に納められなかったのかなー
って思ったのですが、、

労災の件についても、
相談者の複数の上司達の対応等、

会社の対応がどう考えてもおかしい。
外に訴えるしかないでしょ
と納得しました。

身内を犠牲にした上で成り立っている
ゲストに夢を売る企業って、
すごく嫌ですね。

自分の身内のことすら考えられない人に、
人を幸せにできるんだろうか。
(虚構だからそれで良いのか・・?)

お客様至上主義と人権

「お客様至上主義」って素晴らしいけど
提供する側が必要以上に身を削るのは
行き過ぎてると思うのは私だけ?
(私はつくづくサービス業に向いてないと思いましたw)

お客様>>>>>>>>>企業
って関係性。

仕事をする上では、
お客様第一なのはわかります。

ここで問題になるのは、
骨折させられても、
病気になっても
「演者なんだから我慢しろ」で片づける
人権的な「価値」までも貶めていること。

会社を作っているのは人。
お客様も人。

本来どっちの価値が上なんてないはずなのにね。

お客様、社長、上司、先輩、
立場が上であっても、

人を傷つけていい権利持ってる人って、、
現代にいます?
古代、中世の王様くらいでしょうかね。

自分の尊厳を簡単に踏みにじらせちゃ
ダメだって気付いてのは、
休職してからでした。

パワハラする側の主張

パワハラする側の主張として、
「自分もそうやって育ってきた。
 むしろ、もっとひどかった。
 だから我慢して当たり前」
って理屈をよく聞きます。

私のパワハラ先輩も、セクハラ部長もそう。
営業部では脈々と受け継がれていて
「そういう文化」として、
それが当たり前になっちゃってました。
オリエンタルランドの劣悪な環境も代々受け継がれたものとのこと。

いやいやいや、
自分がやられて嫌だったなら、
そこで辞めようよ、
って思うんですが。

「人にされて嫌なことはしないように」
って子供の頃言われませんでした?

自分はひどい目に遭いながらも
今があるっていうのを誇りとしてるのか・・

乗り越えて当たり前の試練、
あたかも「洗礼」かのように
次の世代に受け継いでいきますね。

そして、
「この位出来て当たり前」、
「病んだやつが弱いから悪い」
「最近の若い奴は」
って発想になる。

恐ろしい連鎖。
人材が育つわけないです。

そんな時代錯誤なことやってる会社に
未来はない、というか滅びた方が世のためだと思いますw

パワハラ加害者、被害者どっちが悪い?

なんとも不毛な議論ですが
よく出てきますね・・・
いじめっ子といじめられっ子、どっちが悪いってw

人を故意に傷つけること、
尊厳を踏みにじること、
人として許されるべきではないから、
パワハラする側が悪いと私は考えますが、

被害者側に非があるとしたら、
泣き寝入りしたり、
被害を受けることを許していることですかね。

私も、さっさと人事部に言う、
会社を辞める、とか
自分でその状況を打破する策をとらず、
被害を受け続けることを許してしまった、

自分で自分を守らなかった自分が
あまりに愚かで、情けなくて、
後悔をたくさんしてきました。

泣き寝入り、ダメ絶対!

 

今回の訴訟を起こしたキャストの方は、
着ぐるみを着て、、ってことは
相当な競争を勝ち抜いて、
「選ばれし存在」として活躍されていたのでしょう。
(何の役やられてたんでしょうね・・)

「ゲストに夢を与える企業」だからこそ
公にできなかったし、、
言葉で言うと薄っぺらいですが、
壮絶な苦労をされてきたことが伺えます。

何かしら改善策をとっても
人の性根は簡単に変わらないので
がらっと職場が良くなるとは期待できませんが、
(会社の目が届かないところでやり始めたり)

ハード面が何かしら変わることで、
少しずつでも労働環境が改善されるといいですね。

私も夢の国大好きなので、
ゲスト側だけが幸せな夢の国ではなく、
キャスト側にとっても良い環境であって欲しい!

それでは、このへんで。
最後までお読み頂きありがとうございました。

たまこ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です