休職・適応障害

休職のリスクはどこにでも

こんにちは、たまこです。

復職してから早3年、
基本的に平和に過ごしていましたが、
半年前、とてもショックなことがありました。

それは、
部署の先輩が休職したこと。

すごく忙しそうな上、
部長との微妙な関係性は見ていたので、
やっぱり・・と周りも納得のことでした。

休職のリスクはどこにでも

そして、それを機に知ってしまった事実。
過去から休職者が絶たないということ。

主に部長が原因とのこと。
確かに部長との関係はなかなか大変だなーと
感じていたのですが、
実害が出ていたとは・・ショックでした。

元々いた営業部がひどすぎたので
感覚が麻痺していたのもありますが、
今の環境の穏やかさ、働きやすさは有り難く。

営業に比べれば、優しい人ばかり。
怒鳴る人もいないし、セクハラや暴力もない。
(気難しい人はたくさんいますけど!)

ここにいたら、私も病まずにすんだなぁ。最初から研究職にしとけばよかった。
って復職した直後よく思ってました。
(復職後だったから、優しくして下さってたのはありますが)

なので、私にとっては
「なんて働きやすい環境!」だったのですが

でも、、実は

過去に部署から休職者はでているし。

研究所全体でも病む人は多い。
病む一歩手前の人もたくさん。

当たり前のことではありますが、

どこにでも休職ってあるんだ!
って衝撃でした。

人が一緒に働く限り、
どこにでも人間関係のストレス、プレッシャーがあるのは当たり前で。

働くにあたって
一番大きなストレスが
「人間関係」ですからね。。

人の心が折れるとき

人が病むのって、
逃げ場がないと感じたとき
だと感じています。

私も、がくんって一気に来たのは、
パワハラ先輩の異動をずっと願っていたけど、
1年以上は少なくとも一緒、、と知ったとき。

緊張の糸がぷつんって切れるように、
もぉだめだって思った時でした。

忙しく仕事している人にとっては、
会社と家の往復が生活のすべてだから、

会社で上手くいかない
=生活の全て上手くいかない!!

逃げられない、、、、!!!
あぁーーーーーって。

それに会社が生活の全てだと、
そこを離れるっていう選択肢もないし。

世界はここだけじゃないって、
気付かないんですよね。

でも大変なときって、
びっくりするくらいに
立ち止まって考える余裕がない。

本当にこれが大きな問題。

土日の休みはあっても、
心からゆっくり休まるとか、
考えるとかできませんでした。

『月曜日が来てしまう』
という恐怖を常に感じながら、
それを払拭するために馬鹿みたいにお出かけばかりしてました。

ぱーっと遊んでストレス解消!よりも、
体を休めてエネルギー蓄えること、
そのエネルギーを、
思考に使えばよかった、と思います。

実際、その先輩が休職する直前に、
数日休んでエネルギー溜めて
「よく考えて休職する決意できた」と言ってました。

まずは、消耗したエネルギー戻すのが先決ですね・・。
お休みの日は、少しでも余白の時間取って下さいね。

消耗し続けるライフスタイルには、
くれぐれもお気を付けください!

それでは、このへんで。
最後までお読み頂きありがとうございました。

たまこ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です